魅力的なコンテンツの定義は、、、

最近、巷で聞くマーケティング用語に「コンテンツマーケティング」とういうものが叫ばれるようになっています。では「コンテンツマーケティング」とはどんなものなのか?

それは、、、見込み客をウェブサイトに引き付け資料請求や商品やサービスの申込みを行ってもらうマーケティングの手法です。

見込み客を引き付ける手段として、ブログ、ポッドキャスト、動画、オンラインセミナー、PDF形式の小冊子、ホワイトペーパーなどなど、人が思わず「あっ、これ面白そう!」と観たくなるコンテンツを作成する。このように、コンテンツが重要な役割を果たすことから「コンテンツマーケティング」と呼ばれています。

プロの作ったコンテンツとアマチュアの作ったコンテンツ
果たして、どちらが面白いのか?

しかし「面白ければ何でもいいのか?」と言われると、必ずしも面白いだけが、大切な要素ではないのが、コンテンツマーケティングの難しいところだと思います。

例えば「アマチュアが撮影した映画」と「ハリウッドのプロチームが撮影した映画」どちらが面白そうかと言われたら当然、後者だと思います。

プロとアマという簡単な比較なら、はなから勝負にはなりません。しかし、この場合のアマチュアが、あなたの友人であったなら、話は全く違ってくると思います。友人が作製した映画なら「これも応援だ」と思い観に行くのが人情というものです。必ずしも、「プロの作った映画じゃないなら絶対に観ない!!」そうはならないと思います。

私がなぜ、こんな話しをしたのか?というと、コンテンツの価値は、提供する側と受け取る側の「関係性」によって変動する。といったことを理解してもらいたいからです。

プロと比べて、明らかにクオリティが劣っても、「濃い関係性」がそこにあるなら友人が選ばれることだってあるのです。

最も身近なコンテンツはSNS

あなたの身近な例を上げればSNSのコンテンツです。あなたは、知人や友人のフェイスブックの投稿を「所詮、素人の投稿したものだからな、、、」なんて見下して、読まないといった選択をしますか?「ブログなんて興味がない!」と目を通さずにスルーしますか? 素人の作ったものだからと友人の投稿を絶対に観ないなんて人は皆無でしょう。

自分もフェイスブックやブログをやっていれば無視するよりむしろ、よく観てしまうかもしれません。では、友人や知人の投稿するコンテンツはプロ並みの質の高いコンテンツでしょうか?決してそんなことは、ないですよね?

質の高いコンテンツを観たければプロの作ったコンテンツの方が、よほど楽しめると思います。しかし多くの人は、積極的に時間を割いて「関係性のある人」のコンテンツに目を通します。

「関係性」はマーケティングの基礎となる指標です。例えば、DMも1つのコンテンツですが、お得意様とそうでない新規の顧客なら、同じDMを送っても、まったく反応が違うでしょう。

お得意様なら「おっ春物の新作案内か、、、 久しぶりにお店に行ってみようかな!」と好意的に受け取ってくれるでしょうが、まったくの新規顧客では「ん~どこの案内だろう、、、 よく分かんないから捨てとこ」とせっかくのDMが即ゴミ箱行きになってしまうと思います。

これは、「関係性」の有無が影響するからです。関係性があるのか?ないのか?は人の行動に多大な影響を与えます。このようにコンテンツには、「コンテンツそのものの質」と「関係性」の二つの軸があるのです。

コンテンツを構成する3つの要素

関係性は「好感」「信頼」「尊敬」この3つの要素で成り立ちます。

「好感」の要素が強いのは知人や仲の良い友人でしょう。「信頼感」を高めたければ素早いレスポンスや質の高い情報の提供です。人から「尊敬」を集めたければ優れた人格者としての発言が重要です。

いずれかの要素を持っていることは関係性の構築には重要であり、この3つの要素を網羅していれば発信するコンテンツは、積極的に読まれる最強のコンテンツだと思います。コンテンツの魅力とは、、、

「誰」が「何」を発信するかで変動します。コンテンツの質が高いことはむしろ最低の水準であり、「誰が」の部分である「関係性」を高めることが、これからは、より重要になるでしょう。「誰」と「何」が掛け合わさればコンテンツの魅力は何倍にも高まっていくと言えるのです。

魅力的なコンテンツと思わせる以外な方法とは?

そして「誰 」の要素を高める一番効果的な方法があるのですが、それは、、、オフラインで実際に会うことです。実際に会うことで関係性は飛躍的に高まります。たった一度の出会いは、質の高いコンテンツ何本分にも相当すると思います。

なので、あなたが自分のビジネスにコンテンツマーケティングを取り入れたいなら、積極的な関係性の構築はあなたのコンテンツの価値を、何倍、何十倍にもするでしょう。ですから是非、オフラインでの関係性の強化も積極的に行うようにして下さい。

そんな、あなたの地道な努力が、あなたの発信するコンテンツをさらに魅力的なものにしてくれると思います。

最後までありがとうございました。

追伸

今後コンテンツマーケティングは最も効果的なマーケティング手法の1つとして

まちがいなく注目されていく手法ですが、そのコンテンツマーケティングを

分かりやすく体系的にまとめているのが、こちらの書籍です。

「本格的にコンテンツマーケティングを学んでみたい!」

「自分もこんなマーケティングでお客様に価値を届けたい!」

と思っている方は必読ですよ!!

  ↓

「コンテンツ・マーケティング64の法則」

http://directlink.jp/tracking/af/1446890/52uBrf0t/

(※上記のURLをコピペして検索してください!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です