良いものであれば、価値があるのか?ユーザーに届くのか?、、、

国の内外を問わず、コンテンツマーケティングが「今後のマーケティングには最も重要だ!」と言われていますが、その際、決まり事のように「ユーザーの為のコンテンツを作れ!」といったアドバイスがされています。しかし、そのようなアドバイスは「もう耳タコで、聞き飽きたな、、、」といった不満の声が特に、ネットビジネスなど即興的な売上げの為のSEOに関心のある人からは聞かれる傾向が強いかと思います。とはいっても、、、

「ユーザーのために情報を流す」というのがマーケティングの本質ですから、マーケティングの本質が分かっている人であれば誰の意見であっても「ユーザーのため」「付加価値のある情報で」といった真っ当なアドバイスに帰結するのは、当たり前のことだと思います。

たとえ「売上げを上げるための、SEOについてのアドバイスが欲しい!」と言われても結果的には「ユーザーのことを考えろ!」という以上の的確で、本質的なアドバイスなどないのです。

そもそも、Web上で発信している情報は、それを見ているユーザーのためのものであり、来訪者のことを考えていないサイトや情報では誰も見向きはしないでしょう。それに現在のネット環境、Webの主流は「SEO=Google」なのですが、、、GoogleはWeb上のユーザーの行動から様々な手がかりを得て「このサイトは、どれだけユーザーの要望に応えているか?」「ユーザーは、どれだけ満足できているか?」を基準に判断しています。つまり、、、

SEOの判断基準がGoogleであり、そのGoogleの判断基準が「ユーザーの関心と満足度」なのですから、コンテンツマーケティングであろうとSEOであろうと、アドバイスを求められれば口を揃えて、「ユーザーのために」となるしかないのが、当然の答えになるのです。

良いものであれば、価値があるのか?ユーザーに届くのか?、、、

それに現在進行形でGoogleは最新技術であるAIなどを投入し、コンテンツの中身や信頼性を判断する水準を飛躍的に、劇的に引き上げています。ですから長中期的にみてもユーザーの為に、ユーザーのことを考えた

情報発信をする取り組みが正しのであり、目先の短期的な利益を追いかけたSEOを追求しても、あまり将来性が見込めず、そう遠くない未来で後悔することになるでしょう。ですから時間と労力を投入するなら、正しいことに時間と労力をかけるべきであり、それがビジネスマン、マーケッターとしての正しい判断だと思います。

Googleの検索順位を上げる為の特別なライティング手法や、効果的なフォーマットを求める人は後を絶たないのですが、それは、、、「もっと手軽には検索順位を上げて儲けたい」そして「その方法を手っ取り早く知りたい!」といった願望が、彼らの心理の根底にあるからでしょう。

けれども、あなたがコンテンツを作成するとき「検索順位を上げてやろう!」と意気込むと自ずと、品質がおろそかになり、結果的に、初期の目的を果たす事なく徒労に終わるといった残念な結果に陥ると思います。なぜなら「検索順位を上げる」。このこと自体がユーザーを意識した行動ではなく、自己の売上げを意識した「エゴによる利己的な行動」になるからであり、その事実に気づかないままコンテンツを作成したとしても、ユーザーが「おもしろい!」「すご~い!ためになる、、、」といった感動を示してくれることはないでしょう。

また、根本的でありがちな間違いとして、コンテンツマーケティングをSEOの一部と誤解している方が、多いかと思うのですが、SEOとコンテンツマーケティングはあくまでも別物であって、関連する部分はあるにしても、同列に考えていいものではありません。

あくまでも、ユーザーに求められるコンテンツを作成したら結果的に注目されることになった、、、

というのがコンテンツマーケティングであり、はなから検索順位を上げようと考えているSEOとは根本的な考え方が違います。コンテンツマーケティングとは、、、コンテンツを活用してマーケティングを行うのですが「ユーザーのために」といった理念があるのが前提ですが、それがたとえ優良で有意義なコンテンツであっても、ターゲットとするユーザーに届かなければまったく意味がありません。誰にも認知されず、見向きもされないものは、存在しないのと同じであり「それが、どんなに素晴らしいものであっても」それは、無意味で無価値なものになってしまうと思います。

だからこそ、SEOを考慮する必要があり、検索による到達性を高めることで「良いコンテンツが活かされる」ことが目的となるのです。

ですから「検索順位を高める」ことを目的に行うSEOとコンテンツマーケティングを同列に扱ってはいけないのであり、「ユーザーのために」を忘れたコンテンツでは存在することに意味のない、残念で無価値なコンテンツだと言えるのではないかと思います。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です