リスク!成功の反対に来る言葉は、、、何?

「成功の反対は何?」と聞かれると多くの人は、「失敗」と答えます。しかし、これは間違いであり、成功の反対に来る言葉は、、、「何もやらない」になると思います。人生で最も大きなリスクとは、なにも挑戦しないことであり、これが最も大きなデメリットでもあるでしょう。

これまで仕事柄、経営者や営業マン、起業を目指している会社員など、さまざまな人たちとコンタクトする機会がありました。そして、自分の経験上からのアドバイスを求められることも多々あったのですが「忙しくてなかなか着手できないんです」「やろうとはしているんですが、手が回らなくて」など、実際にできないと言うよりも、やらないことに対する言い訳の方が多かったような気がします。

特に営業やマーケティングについては、私の専門ということもあり結構、具体的なアドバイスを提案するのですが「なるほど、それだけ具体的に教えてもらえると、どうすればいいのかよくわかります!」と、大変喜んでもらえるのですが次に会う機会があった時、

「〇〇さんその後、どうですか?」

と確認してみると、実行している人はごく僅かであり、結果を出している人など、さらに少ないという残念な結果である場合がほとんどでした。

「現状を改善したい!」という意思があり、そのための具体的な方策も分かっているのに!何ひとつ行動が伴わない。当時の私は「なぜ、こうなってしまうのだろうか?」と不思議でなりませんでした。

しかし、その頃からさらに経験が積みあがっていくと、単純に彼らの行動力不足と片付けてしまうには、いささか問題が複雑であり、どうやら行動を始める前の「リスクに対するイメージ」が不足していることが原因であると、ようやく理解するようになりました。

やらないリスクは、何よりも恐ろしい、、、

「問題を放置したまま、やらないでいるとどん

なリスクがあるのか?」

「やらないままでいることが、どれだけもったいないことなのか?」

どうやら、具体的な行動に出ない人は、このようなリスクをあまり真剣には捉えていない、と言うことがわかりました。

例えば、、、

売り上げが落ちてきたからという理由で、営業力向上のために、外部から講師を招いたり、社員に営業教育を施すとします。しかし、それらの社員教育には当然お金がかかるし一定の期間も必要です。

そして、必ずしも即効性のあるものばかりではないので、目に見えて数字に表れるまでタイムラグも発生します。

すると、、、

「そこまでの時間的、経済的な余裕もないしな、、、」とか、

「ここは営業部隊の数を増やしたほうが得策かも?」

と社員教育や、能力向上に伴う試み自体がトーンダウンし、最悪はそのまま、なくなってしまいます。けれども、もともとはそのような試みをやらなかったとしても、とりあえず現状は問題がないので、(本当は、問題がないように見えるだけですが、、、)やらなかったとしてもその時点では、特に問題にはなりません。

収支的には余計な費用もかかりませんし、社員の時間を拘束することもありません。それに「教育に回す時間があったら、その分、外回りをさせたほうが売り上げが上がるのでは?」と考えることも、まったくの間違いではないでしょう。

しかし、実際に、

「社員教育をやる」

「営業の能力向上をはかる!」

と行動に移す人は、やらないほうが後々、リスクが大きくなるといったことが、十分に理解できている人だと思います。とりあえず、結果がどう転ぶかはわからず、結果が出たとしても失敗に終わるかもしれない、と思っていても、その失敗から得られるものこそが貴重であることをよく理解している人ほど、実際の行動に移します。

何もやらないまま現状を維持するのは、相対的に見れば後退であり、やれば本来、得られたはずの経験や実績データーなどを、手にする機会を失っているという「機会損失」は明らかなデメリットでありマイナスです。

ですから、行動力のある人は、行動したことによるメリットを想像するだけでなく、やらなかった場合「どれだけのデメリットがあるのか?」といったことを必ず考えているのです。

なので、、、

「自分は行動力がない」

「腰が重い」

と思ったなら、それは危機感の欠如から来ているのであり「やらないことが自分にとって、どれだけのマイナスになるのか?」と痛みのイメージをもっと、明確にした方が良いでしょう。

そして痛みのイメージが明確になるほど「ではやったとして、うまくいかない場合はどんな対応を取ろう?で、そこからどんなふうにリカバリーしよう?」など、適切な判断力や1歩先をいく想像力が、養われていくと思います。

そのように、行動しながら体験していく失敗こそが成功の糧であり、失敗のない人生ほど、つまらないものはないと思います。

最後までありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です