ビジネスを成功させたいと思うなら「仕組み化」を意識しよう!時間は何よりも大切な資産だよ!

まだ、私が会社員をしていた頃のこと、、、とあるセールスのセミナーに参加した時のことですが、その時の経験から、いくつかの教訓を手にできました。

その教訓が、あなたのビジネスのお役に立つと思うのですが、私はそのセミナーを受講しながら様々なセールステクニックを盗んでいこうという思惑があり参加しました。

なので、メモを取るなりパソコンで打ち込んでいる風を装いながら、いろいろと参考になる点を取り込んでいこうと思っていたのですが、そのセミナーはガッツリと売り込みをすることが目的だったので主催者側からは、

「本日のセミナーでは、パソコンでの作業もメモを取るのも控えてください!」

と、いきなり釘を刺されてしまいました。私は、参考にできるところはメモをしつつ、その時ちょうど追い込み中だったセールスレターのページもある程度仕上げようと思っていたので、思い切り当てが外れてしまった次第です。

その日の夜には、ある程度レターを完成させておく必要があったので、この「作業禁止!メモも禁止!」のお達しには、かなり閉口したのを覚えています。

ノウハウを盗んで帰ろうと思っていたのは褒められたことではないのかもしれませんが、メモを取るのもパソコンも禁止というのは他の参加者の中にも「何だと!」という苛立ちを、あからさまに見せている人も見えました。

こんな険悪な雰囲気で始まったセールスセミナーですから結果は、あなたのご想像通りであり、いざ売り込みといった段階でも、ほとんど購入しようと手をあげる人はいなかったと記憶しています。

ビジネスの仕組み化は、ビジネスマンにとっての最大の資産である「時間」を最大化することになる

私が、このセミナーの経験で得た教訓は、、、

「顧客の自由意思を奪うと、予想以上に反発される」という事ですが、あなたが今現在1人でビジネスをしているのであれば、その教訓以上に重要なのは、

「時間を奪われることは、とんでもない損失になる」

ということだと思います。私は当時、会社員をしながら並行して副業といった形でビジネスをしている状態だったので、月々の売り上げはイコール「自分の働き」でした。ですから、自分が手を止めれば、その止めた時間の分だけ売り上げがなくなってしまう、、、といった認識でした。

これは、時間の損失がそのまま収入の損失に直結する個人ビジネスの場合、まさに命取りにもなりかねません。特にコピーを考える人間にとって、コピーを書く時間を失う事は、売り上げを立てる機会を失うことであり、すなわち、それは収入がなくなることを意味します。

これは、企業当初のビジネスが“労働集約型のビジネス”であるほど影響度が大であり、労働集約型ビジネスの大きな弱点であると言えるでしょう。

自分の会社には複数の社員が働いてる中堅企業や、更に規模の大きな大手の経営者や幹部であれば、小人数のスタッフがいるだけでも「自分以外の社員が事業を回している」と言える状態でしょうが、自分が働かなければ収入がない状態である起業当初の個人事業のようなビジネスでは、完全な労働集約型のビジネスから脱却するのは難しいと思います。

それに実際には、どのような会社であっても、繁忙期などはどうしても「マンパワーに頼らざる得ない」といった時があるのが実情であり、複数の社員がいる場合であっても「手が足りないなぁ~」と感じる時があるかと思います。

これが1人でのビジネスであれば“時間の有効活用の大切さ”は尚更であり、もし何かの事情で自分自身が拘束されて“一切作業ができない”といった時間が増えてしまうと、その拘束された時間の分だけ、いいえ実際にはそれ以上にビジネス全体のスピード感が失われその結果、手にできるはずの売り上げさえも失ってしまうことになるでしょう。

これは1人ビジネスでは、かなり危険なことであり最悪の場合は、ビジネス自体の継続が困難になるといった事さえ考えられます。

そして、そうならないためにも対策が必要であり、安定したビジネスを行うには“何らかの仕組み化”が、必ず必要になるのです。

この仕組み化とは、例えば自分が手をつけないでも、どこかで誰かが集客してくれるような仕組みであり、理想的なのは、自動的に集客とセールスが回る仕組みだと思います。

あるいは、自分の作業を部分的にでも肩代わりしてくれるような外部パートナーの存在が必要であり「全て自分に代わってやってくれる何らかの仕組み」があるのが、最高の状態だと思います。

こんな仕組みがあれば、少人数であっても大きな売り上げを立てることができるのであり、どこかで自分の手を止めてしまう作業のできない時間があっても、ビジネス全体のスピードが緩むことはないでしょう。

ビジネスを成功させたいと思うなら、何よりも大切なのは「仕組み化」を意識すること

現在は一人でビジネスをしているという人も、いずれはそんなビジネスを立ち上げていく必要があると思うのですが、今現在「自分の働き=収入」といった状態ならば、将来を見越した仕組み化は、ぜひ今のうちから考えておくだけの値打ちがあると思います。

そして、仕組み化するべき事柄は様々ですが、その中でも特に重要なのは「集客に関すること」は、出来るだけ自動化できるようにしておく事であり、自分のビジネスの根幹を成す部分は出来るだけ自分自身が注力するべきだと思います。

というのも私の経験上「商品や商材のクオリティー」は、まだ十分なブランドが確立されていない時期であれば、売上げに直結する重要な部分であり、この点が弱ければ“事業の成功そのもの”が不確かなものになってしまいます。

「良い商品」「魅力ある商材」であれば、それだけ成功の確率は上がります。後は「コアコンセプトの構成」や「どのポイントを訴求していくか?」といった売り出し方が問題になるのであり、この点はできれば専門的な知識を備えた「プロ」に任せるのがベストではないかと思います。

とは言っても、、、あなた自身がマーケティングを理解し、セールスに対する知見を深めておく事は必須です。そして何より重要なのは「全てを一人でやろう!」と思わない事であり、早い段階から「ビジネスの仕組み化」を意識しておくことが、何よりも大切なことであると思います。

本日もありがとうございました。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です