おにぎりって、せいぜい100円くらいで売るのが限界?ってそれホント?!売上げを上げる邪魔をしているのは実は、、、あなたの思い込みなのだよ~ン!

ビジネスで利益を上げる為に一番、邪魔になるのは「自分の思い込みになる」

これは、私が尊敬する経営者から教えてもらった事なのですが、自分の思い込みの範囲で考えている限り、あなたが大きく売上を伸ばすことはできないと思います。

例えば、ビジネスの売上において最も重要な要素の1つが「価格」です。

しかし、この価格の重要性に気付かず自分の思い込みや常識の範囲で考えてしまう為、本来、手にできるハズの利益を失っている人は、ほんとうに多いと思います。

価格の設定1つで、まったく同じ商品を売っていても、手にする利益が何倍も違ってくることは珍しくありません。しかし、その逆に利益が半分以下に減ってしまうことも、普通にあり得る話になるのです。

おにぎり1個はせいぜい100円くらいで売るのが常識?そんなこと一体誰が決めたのか?

最近、ある人から興味深い話しを聞きました。

それは、いくつかのビジネスをやっているオーナーが月収を簡単に2倍にした、という話しなのですが、彼は月収で300万から400万くらいの所得でした。

既にビジネスオーナーとしては成功していた、といっていいレベルだと思いますが、そんな彼でも月収を2倍にするのは骨の折れることでしょう。

利益を2倍にするということは、単純な計算で言えば、売上を2倍以上にしなければいけないということです。すると、新規の集客なども増やさないといけないので、広告費をかけるとか、何か大きなキャンペーンをやるとかしないと、大きく売上を伸ばせません。

しかし、販促費をかけるのは同時にリスクでもあるのです。

いくら、それなりに成功しているビジネスオーナーでも、売上を2倍にするのは、かなり大変だと思います。

商品を改良して、新商品として販売し、売上を作る方法も“あり”だとは思いますが、彼は別に新商品を作った分けではありません。

集客が倍になった分けでもなく、アクセスアップするための特別な操作をしたのでもないそうです。もちろん広告を打った、、、でもないので、収入を2倍にする為に使った余計なコストは「ゼロ」でした。

では費用の代わりに自分の時間を使って何かしたのか?というと、そんな分けでもありません。

時間や労力もほとんどかけず作業自体は、ものの数分やっただけ。しかし、彼はいとも簡単に収入を倍にしてしまったというのです。

その彼が、たった1つだけしたことが、、、

「商品の価格設定を変えた」だけ。

すでにある商品の価格を、大幅に値上げをしただけで利益を倍にしたのです。作業としては、価格表記を変えて専用の購入ボタンを設定しただけ、、、

たった、これだけの作業で売上を倍近くまで上げたのです。

アクセスしてくるお客の数も変わらず、リピートするお客の数を増やしたわけでもなく、売れる数さえも、ほとんど変わらず、しかし、売上を倍にするなら、単純なことですが、、、「単価」を上げるしかありません。

ビジネスは3つの数字の掛け算ですが、それは、

「新規客×購入頻度×単価」

この3つの要素しかありません。

すべてのビジネス活動は、この3つの数字のどれかに当てはまります。

新規客も購入頻度も増やせないなら単純な話しですが、残るは“単価”つまり商品の値段を上げるしかないのです。

しかし、価格を変えただけで売上が倍になるなら“なかなかに”おいしい話しだと思います。でも、この「おいしい話し」に気付けぬまま本来、手にできるハズの利益を手離している人が多過ぎると思います。

売る商品の価格をどこまで高くできるのか?

この質問に明確な答えはなく、答えがあるとすれば、

「相手の支払える価格内であること」そして、

「相手が納得する価格の範囲」

この2つだと思います。

しかし、多くの人が価格設定の際に、商品の原価や業界の相場から考えて価格を算出するでしょう。もちろん、これも間違いだとは言いません。でも絶対的な基準でもないのです。

コンビニで売っているおにぎりが、だいたい100円だとすれば、「おにぎり」を「おにぎり」として売るのは当然100円くらいが限界です。

でも、どこそこ産のブランド米を使って、具材も高級品の鮭とか明太子を使えば、200円でも売れるでしょう。

実際に、コンビニ各社は数年前から店頭に「高級価格帯のおにぎり」を並べて販売しています。

おにぎりは、コンビニの中でも売れ筋商品ですから、店舗全体の売上げをいきなり2倍にするのは無理でも、このような価格戦略を様々な商品に散りばめたとすると、利益は確実に上向いていくと思います。

話を元に戻して、ただのおにぎりで利益を得るのは限界があり、これでは商品の原価から値段を決めているので、自ずと価格の限界が決まります。

これは原価や相場という常識つまり“自分の思い込みの範囲”でしかありません。商品の値段というのは付加価値で決まります。

同じおにぎりでもAKB48のだれだれちゃんが握ったおにぎりなら、10万円でも喜んで買う人はいるハズです。まぁ、そこにプラスアルファのメリットが必要ですが、比較する対象がなければ同じ商品を倍で売っても買う人は買うのです。

「値段の本質」とは人の想いが数字になったものである

商品の値段とは、ただ原価や手間賃から計算され割り出された数字の羅列ではありません。商品の値段の本質とは、、、

「人の想いが反映したもの」

だと思います。ですから、その値段を決めるあなたが、「こんなもんかな、、、」と思えば、それが、商品の値段になってしまうと思います。

ビジネスで利益を上げる為に一番、邪魔になるのは、

「自分の思い込み」

これはビジネスオーナーである全ての人が忘れてはいけない教訓であり、自分のビジネスを数字からくる思い込みだけで制限してしまっているのは、他ならぬあなた自身になるのです。

本日もありがとうございました。

追伸

商品に値段を付ける時って、限界を作っているのは自分自身だっていうのが今日のお話なんですが、商品を付ける時の基準になる元の元を辿っていくと、、、それは自分に対する自分自身のイメージだったりするんです。

「S」はコピーライターなんてお仕事をしているので、自分の値段は自分でつけないとならないんですが、

「まあ、俺はこんなもんだよな~」

なんてセルフイメージを持っていると、それなりの報酬しかもらえなくなるんですね、過去それで手痛い失敗をやらかした事があります。

値段って本当に重要なんですが、重要な割には“値付け”に対する皆さんの意識って案外以上に低いので、今日の記事で考える所があなたにあるなら、

「自分の商品の値段て、何を基準にしていたっけな?もっと高く売る(買ってもらう)方法ってないかな~」

と考えてもらうと売上げUPのヒントに、何か気付くかもしれませんよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です