あんた、こんな方程式知っているかい?「MVP+PDCA+OODA」コレ数学じゃあ、、、ないぜ!

どんなビジネスであってもPDCAサイクルを回していく事が成功へのプロセスですが、ただし単純にPDCAサイクルを回していくだけでは、ビジネスが上手く行く事は無いでしょう。

 確かに「Plan→Do→Check→Action」とこのサイクルをグルグル回していけば、いずれは成功に辿り着くのは確実ですが、このフレームワーク単体では効果を発揮しきれないケースがあります。

 そのような場合は、

 「いったいどこに問題があるのか?」

 と頭を捻らないとなりませんが、PDCAサイクルを回していく上で重要なポイントが2つあります。

 ビジネスを軌道に乗せるにはフレームワークの「自分のビジネスに合わせたチューニングのセンス」が必要である。

まずポイントの一つ目ですが、、、

 「この目標を達成するのは、どうしてか?」

 と本質的な理由を、実行者が明確に理解している必要があるのです。そこで面白いフレームワークを紹介したいのですがそれは、PDCAには欠けている「MVP」を付け足す事です。

 Mとは、、、Missionのことであり「自分の使命が明確になっている事」です。

 そして、VはVisionであり「理想とする姿を思い描く事」になります。

 最後のPはPassionであり「ビジョンを現実化するための必要不可欠な情熱」を指します。

 このMとVとPの3つを頭に持ってこないと、PDCAのサイクルを「回し続ける」ことができません。PDCAサイクルは「回し続ける」ことでその本来の効果を発揮できるのですが、サイクルを回し続けるにはMVPがなければ、不可能だと思います。

 実際問題として、、、

 自分のビジネスに使命がなければ、明確な方向性を打ち出す事ができません。それに具体的な理想像が明確でなければ何をどうすればいいのかと動けませんし、何事であっても継続に必要なのは最終的には熱意になると思います。

 理屈の上でPDCAサイクルは、理想的なロジックだと言えるのですが現実的には、ロジックよりも感情が上位にくるのが人間という生き物だと思います。

 「どんな困難があっても諦めない」

「負けずに結果が出るまで粘り続ける」

「そして、何度でも挑戦する」

 このようにロジック以上に大切なのが情熱であり、情熱が欠けたままではプロセスの継続は困難になるのが確実でしょう。

 PDCAのサイクルは単純明快な理屈なのですが、そのサイクルは「もう止めよう、、、」と諦めた瞬間に、その全機能を停止します。だからこそ“サイクルの燃料となる情熱”がなければ結果を出すことが出来ないのです。

 そして、2つ目のポイントですが、、、

 市場環境は常に変化しています。ですから、当初立てた計画を貫徹できるとは限りませんし、むしろできないケースの方が遥かに多いと思います。なので、、、

 刻々と変化する環境、状況に合わせて柔軟に計画を変更していかなければなりません。当初の計画に固執していては的外れな方向に、進んでしまう危険性があるのです。

 マーケティングにしろ、ビジネスのセオリーにしろ普遍的な決まりはあっても、どんなビジネスもカバーできるユニバーサルなモデルはありません。

 結局のところ、自分のビジネスに合わせた“最適なチューニングを自分で的確に施していく”とした必要があるのです

 こうした考え方を「創発戦略」といい、局所的な複数の相互作用が複雑に絡み合い、一つの目的を達成する戦略を臨機応変に考える事が、経営者たる、あなた本来の仕事になると思います。

 目標を達成するためには“効果が実証されていて具体的”なフレームワークが必要になる

アメリカ空軍で考案された「OODAループ」という意思決定理論があるのですが、戦場では一瞬にして戦況が変わります。

 そこでは自分の置かれた状況を瞬時に把握、分析を行い、最適な状況判断を下さなければ最悪の場合、絶命します。

 ビジネスフィールドも戦場と考えれば、当初立てた戦略や戦術に固執するのは危険であり、戦況次第では新たな戦略の構築と実行が求められると思います。

 OODAループとは、、、

Observe・・・状況を監視する

Orient・・・情勢を判断する

Decide・・・意志決定を行う

Act・・・行動を起こす

 というようなループを回す事で環境の変化に即時即応し、当初の目的を達成する為の理論です。

 ですから、「MVP+PDCA+OODA」というフレームワークの組み合わせが、ビジネスというミッションを完遂し、あなたを飛躍させる原動力になっていくものであり、目標達成の為のプランを考えるにしても、効果が実証されていて尚且つ、具体的で使いやすいフレームワークを知っている事が目標達成の近道になるのです。

 最後までありがとうございました。

追伸

今日は記事の中でいくつかのフレームワークをご紹介したんですけども、PDCAサイクルはけっこう有名なので、あなたも聞いた事があるかと思います。

でもMVPは初めて聞いた!と言う人が多いんじゃないかと思います。で、、、結局のところ「この人は成功している」「上手くいっている」と思える人は、ほとんど“情熱”の分部が尽きない人であり、

「燃料がないと人間は行動ができないようになってんだな~」

って、つくづく感じます~、しかーし!

冷静な状況判断ナシで、物事がうまく行くハズもなく、目標達成の最終的な結論としては今日の記事のようにやらないとダメ~と言えるんですよね。

なので「うんうん参考になったな~」という方は、何かのプランを練る前に是非参考にしてみて下さいね~

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です