あなたは自分の価値観を知っていますか?人は価値観の理解が深いと「ヤメロ!」と言われても行動せずには、い・ら・れ・な・い!

私は以前、セミナー講師の方の講座に人を集める為のステップメール書いていたり(ちなみに、まともにステップメールを書けるライターは全国で20人くらいと言われています、、、)いわゆるセールスコピーを書いてウォーキング協会の宣伝や、講師の募集を行っていました。ウォーキング協会については自分自身もインストラクターの資格も持っているので、今でも専属ではありませんが時たま、お手伝いをさせて頂いています。

元々は、売るのが最も難しいと言わるセミナーなど無形の「形のない商品」を売るコピーライターとして腕を磨いて修行をしていましたが、その頃、自己啓発業界のある有名な講師の方から聞いた話を、あなたにシェアさせて頂きたいと思います。

価値観の把握には 「浅い」「深い」があり、把握が浅いままでは何も行動が変わらない

ある時、その講師の先生はセミナーの受講者から、こんな質問をされたそうです、、、

『私は以前から、何度もセミナーなどに足を運び何年も学び続け、自分の価値観を理解できたのですが結局、行動してその結果、現実的な変化が起こった事はただの1度もありませんでした。

自分の価値観を知れば、行動せずにはいられない!と何度も話を聞いてきたのですが、それは嘘だったのでしょうか?、、、』

と、諦めたような表情で力なく質問をされたと言うのです。私たちは事あるごとに、

「自分の価値観を明確にしろ!」

「自分の価値観を大切にしろ!」

などと言われるのですが、価値観が大事!と分かっていながらも「で?価値観を知ると何が変わるの?」と疑問に感じた方も、少なからずいらっしゃるのではないのでしょうか?

自分の価値観を知ったはずなのに、自分の行動が何も変わらなかった、、、それがなぜなのか結論を一言で言うと、

「価値観の把握が浅いから」

この一言に尽きると、その講師の方はおっしゃっています。価値観とは、、、

その人の物事に対する判断基準となるものであり、その基準は自分の過去の経験から作られていくものです。ですから幼い子には価値観と呼べる明確なものはまだなく、単に好き嫌いで判断しているだけと考えることもできるのですが、大人である私たちの価値観も自分の好き嫌いの感情から様々な経験をすることで「自分なりの価値観を養っていく」と考えることができるでしょう。

好き嫌いですから、自分の価値観に合えば相手のことが 「好き!」となりますし、価値観が合わなければ、その相手は「嫌いな対象」となるのです。

結局、価値観とは自分の好き嫌いであり、自分の価値観と合わない人や物事を好きになる事は絶対に!ありません。それだけに、自分の価値観は自分にとって大切なものであり、時にはどうしても守りたい!と価値観を必死に守るために攻撃的にさえなることもあるのです。

しかし、価値観にも「浅い」「深い」があり、自分の価値観の理解が浅ければ、大切に思う気持ちもそれほど大きくはないので当然、その気持ちに比例するように行動を起こす事がありません。

人は「心の底から大切だ!」と思える価値観でなければ守ろうともせず、またそのための行動に移ることもないのです。

しかしもし、「これだけは、どうしても譲れない!」と本当に大切に思える価値観を認識すれば、誰に何を言われても人はそのための行動を、今この瞬間に起こそうとするでしょう。その人が本当に大切だと思える価値観であれば、他人の制止や妨害があっても構わず前進しようとするのです。ですから、

「自分は夢や目標がないから、やる気も起きない、、、」

と思っているなら、それは自分にとって 「どうしても譲れない!」「絶対に守らなければいけない!」と心底思えるほどの価値観が分かっていないからだと思います。

人は自分の価値観を「心底、把握していれば」行動せずにはいられない

人は、自分で自分の深い価値観を厳密に理解していれば、その人はただ行動を起こすだけでなく、大量の行動をしかも継続的に起こしていくはずだと思います。そして、同時に自分の行動に対して深い喜びを感じるでしょう。

そこで「価値観を知っていたはずなのに行動できなかった、、、」という人の原因を探れば、その原因は簡単なことであり、自分の価値観の把握が「浅かったから」といった結論になるのです。

ですから、ビジョンや目標を立てたものの行動できなかったと言う人の大半は、自分の価値観の把握が不十分だった可能性があり、ビジョンや目標があるのに「なぜか行動ができない!?」と考える方がおかしいのです。

行動できないのであれば、それは自分自身の立てたビジョンも目標も、浅いものであるか、もしくは偽物である場合があり、自分が本当に心の底から大切にしているものであれば「やらない」という選択肢そのものが、存在しないと思います。

「価値観の認識」「ビジョンの創造」「目標設定」これらに求められる最低の基準は、自発的に大量行動ができること。この最低基準を満たしていなければ、あなたの立てた目標もビジョンも達成されることがありません。

自然な大量行動が生まれることこそ、ビジョンや目標の達成には必要であり、自分は行動できない、、、と悩んだ時点で、自分が本当の価値観を把握していない!と気がつくべきだと思います。

ですから「価値観を知っても行動できないのは嘘」と考えること自体が嘘であり、行動できていない自覚があるならもう一度「自分の価値観を見直すこと」これがすべてに優先される、目標達成の必要条件になるのです。

本日もありがとうございました。

追伸

人の持つ価値観は、その人の感情から生まれるものですが

もし世界から「人の感情」が消え失せたら、どうなるでしょう?

でも現実にAIの台頭で、そんな未来がやってくるかもしれません、、、

  ↓

人としての「真価」は、どんな生き方、働き方にあるのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です