あなたのビジネスのリピート化を邪魔する最大の敵は「お客様の忘れる力」なんですよおぉぉ!一回きりのお客様が全員リピーターになる方法を知ったら、あんたの商売、上がりっぱなしになっちゃうよ~ん(ニヤリ)

商売や事業を安定させるには、リピート客の存在が必要不可欠になるのですが、

「それは、わかっているんだけどね、、、」

と、多くの経営者が新規顧客のリピート化には頭を悩ませているようです。

お礼のダイレクトメールを送ったり、いろいろ試行錯誤はするけれども、どれも今ひとつ有効な手立てが打てないままお客様が離れていくのを見ているだけなのは、なんとも歯がゆい事だと思います。

では、なぜお客様はリピートしないのか?

この決定的な理由が分かれば、何かしら打つ手もあるでしょう。

そこで1つ、面白いデータがあるのですが、お客様をリピーターにするための心強いヒントになると思います。

7倍の確立で新規客をリピート化させる、実証された確実な方法は?

そのヒントになるのは、、、

「新規顧客の3カ月間の動向」です。

まず、あるお店に来店したお客様を2つのグループに選別します。

グループAは、初めて来店してその後3ヶ月以内に、2回目の利用をしなかったグループとします。言い換えれば、、、

「3カ月間で、その時1回きりのお客様」

と言えるお客様です。

もう一方をグループBとします。

グループBは初めて来店して、その後3ヶ月以内に2回以上を利用したお客様のグループです。つまり、

「3ヶ月以内に、3回利用したお客様」

とします。

この2つのグループを比較して、その後2年以内に「同じ店舗を10回以上、利用したお客様」の割合を調べた時、とても興味深い結果が判明したのです。その割合とは、、、

AのグループよりもBグループが「リピート率が実に、、、7倍以上!」と圧倒的な差でリピート客になったのです。

「3ヶ月で、新規の来店一回きり」のお客様よりも、

「3ヶ月以内に、新規含め3回以上」利用したお客様が、

7倍の確率でリピート客になりやすいことが、分かったのです。

そして、この傾向は、どんな業種のどんなお店で分析しても、ほぼ同様の結果になった事が分かっています。

この数字をヒントに、

「新規客」→「固定客化」の法則を探ってみると、、、

「新規の来客から、3ヶ月以内にあと2回以上の利用を促すこと」

これがリピート化のポイントであり実践できれば、新規客を固定客に引き上げる確率が、ググッと!高まる可能性があるのです。

ただし、、、

あなたが“どんな業界の、どんなビジネスをしているか?”によって「3ヶ月以内」の期間設定を変更する必要があるでしょう。

それに客単価やターゲットとする顧客層によっても、期間設定の条件はバラバラになってくると思います。

マーケティングには、基本的な概念や考え方がありますが、条件1つで「正解」が全く変わります。

「これだけ押さえておけば大丈夫!」

といった考え方は、マーケティングにおいては例外であり、共通した正解など無い事を心得ておく必要があるでしょう。

例えば、客単価の高いフレンチやイタリアンを毎日食べに来るお客様など、ほとんどいないと言えるでしょうが、その一方でラーメンやカレーなどは、来店サイクルも早まります。

フレンチなら半年から1年程度、ラーメン店なら1ヶ月など、提供する商品サービスによって期間設定の条件が異なるのは当たり前だと思います。

どうしても、3ヶ月以内にあと2回が無理なら、あと一回だけでも構いません。AとBでたった1回の違いでも固定客化の確率は、4倍以上は違います。ですから、あらゆる手段を使って、

「3ヶ月以内にあと1回、できれば2回」

の来店を促す事は、固定客化への生命線とも言える数字であると言えるのです。

リピート化を邪魔している最大の敵は、お客様の「忘れる力」

それにしても、お客様がリピートがしない原因とは、そもそも何でしょう?

商品なのか?接客なのか?はたまた値段設定の問題か?確かにこれらも、重要な要素です。

しかし、これらとは無関係の決定的な理由があり、その決定的な理由に対処しなければどれだけ素晴らしい商品や接客で、しかも魅力的な価格で提供しても、新規客の取り逃しは続きます。

そして、その決定的な理由とは呆れるくらい単純ですが、

「忘れてしまうこと」

これがリピート化されない最大の理由になるのです。あなたは、このような事を言われると「まさか、、、」と思うかもしれませんが、ご自身の行動を振り返ってみると「忘れる」という現象が、どれだけ自分の行動に大きく影響しているかを実感できると思います。

ですから、、、

「忘れられないうちに、固定客にするための3ヶ月」

これがデータから得られる結論になるのです。

あなたには、このデータを利用し“1人でも多くの新規客”をリピーターにして、あなたご自身のビジネスを安定させて、「新規の顧客獲得の悩みとは無縁のビジネス」を満喫して欲しいと思います。

最後までありがとうございました。

追伸

本日の記事のテーマは「忘れること」なのですが、、、「S」は忘れる事については、誰にも負けない!と胸を張って言えるだけの自信があります!!!

「鋭い忘却力」は3歩以上歩くと、「あれ、今何を考えていたっけ?」とスッパリと考えていたことを思い出せなくなせ(マジで!)、友人、知人が呆れるくらいの“抜群”の忘れ去る力があるのです!まぁ、それだけ頭の回転が速い!といっておきましょう!ふふふのふっ!

でね、、、こんな人間を“なんとかリピートさせよう!”と思うなら、何度も自店に通わせて記憶の一部に固定化させるしかないんです、ㇷゥ。疲れますよね、、、

でもね、これがビジネスであり、ビジネスとは言い換えると「お客様の忘却力との戦いである!」とも言えるのですよーーーー!と「S」は「S」は声を大にして言いたい!!

なんか文句あるか!知り合いども!ああっ?!以上だ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です