「買うか?買わないか?」お客様の選択は二者択一しかあり得ない!だからこそ「期限を切る」のがマーケティング、セールスの基本なの、、、

このブログの読者の方には会社経営の方や、マーケティングの関係者がいらっしゃると思います。

そして、そのような人たちに向けて是非、心に留めていただきたいメッセージがあるのですが、それは、、、

「お客様の購買選択には買うか、買わないかの二者択一しかない存在しない」

という事実であり、これを改めて理解してほしいと思います。

お客様が心底、「欲しい!」と思ってくれたにしろ、実際に申込みが無ければ一円の売上げにもならず、利益が発生する事はありません。

なので、売上が立つには、、、

「欲しい」から「買った」へと、具体的な行動として実行してもらう必要があるのです。で、その為のテクニック的なものは色々とあるのですが、その中に「これは是非ともやって欲しい」というテクニックがあり、それが、、、

「期限を切る」というものです。

期限を切ると心理的な作用で「売れてしまう」場合があるが、それはビジネスの命取りにもなりかねない行為

「あと○○で販売が終了します」

「いついつまでにお申し込み頂くと、、、」

「残り、あと○○です」

というように期限や数量を切る事で「欲しい」という購買意志、購買欲求を「買う」とする行動に変えるのが、期限の持つ力です。

ただ、期限を切るのは使い方を間違えると、思わぬ副作用もあるのです。

人間は期限があると、それだけで「欲しい」と思ってしまう事もあるので、一般的に思われている以上に期限を切るテクニックは強力なのですが、期限を切ると、たとえ粗悪な商品であっても売れてしまう事があるのです。

しかし、粗悪な商品が売れれば、その反動で必ずクレームが生まれます。そうなると、一時的な売上と引き換えに市場からの「信頼」「信用」といったビジネスに一番必要なものが、大きく傷つく事になり、将来的な売上が失われてしまう危険があります。

ですから、「期限を切る事」には、思わぬ副作用という落とし穴があり、場合によっては命取りとなるのです。

なので、買い手の視点で見たときは、期限があるからと言って購入に踏み切る前に、

「これは本当に自分に必要なものなのか?」

を熟考する必要があるのです。

費用対効果や、その時の購入タイミングなど、様々な観点で総合的に判断して「今、買った方がいい」と自分なりの分析が出来たとき、最後の一押しとして自分の背中を押す意味で、期限を考慮するのであれば、後悔のない買い物ができるのではないかと思います。

こんな顧客心理を考えたとき販売者の視点であれば、

「自分なりに良いものを売っている!」

とする自負や自信があり、

「お客様のおしりを押して差し上げる」

といった善意の上で行使するのであれば“期限のテクニック”はあなたのビジネスの一助になるのは間違いがありません。

もし、お客様が些細な理由で踏ん切りがつかず、つい購入の機会を逃し、その結果何らかの不利益を被ることになれば、それは「お客様にあなたが損害を与えてしまった!」といっても過言ではなく、そんな事態を避けるためにも期限を設定したご案内は必須になると思います。

お客様の満足を心から確信できるのであれば、逆に期限は切らなければいけないものである

マーケティングにおいて、、、

期限を切るのは「常識」であり「基本」です。

しかし、使い方を誤ると想定外の副作用を起こしてしまう怖さもあります。

ですので、期限を切るのは、

「購入されたお客様の満足を“心から確信できる物”にだけ」

と自分を強く戒めておく必要があるのです。

しかし、それができるなら、期限を切るテクニックは「あなたのビジネスを大きく躍進させることができる強力なテクニック」であるのは間違がありません。

ですから、思わぬ副作用には十分以上に注意を払い、この強力無比なテクニックを思う存分、ご自身のビジネスでふるって欲しいと思います。

最後までありがとうございました。

追伸

今日は「期限を切る」といった事の大切さについて軽く触れた内容ですが、「軽く」といった割に期限を切る事は、重要この上ない大切な基本であり、決まり事のようなものです。

ちなみ、あなたにお聞きしますが、これまでのあなたの人生において「期限を一切、意識せずに生きてきた」と言う人は、どれほどいるでしょうか?おそらく、、、というよりも絶対的に“皆無”であると思います。

当然ながら私「S」も日々、期限を意識して生きています。

ほんとうに「超」基本的な事ですが、どれだけ本人が「それが欲しい!買おう!」と思っていても期限を意識させない限り、その人は行動を起こす事はありません。人間は、

「期限を意識して初めて!現実的な作用が働く存在」

といっても差し支えないのです。対象となる人物の頭の中に「期限」という制限を意識させる事で初めて、その人物の未来を変えていく力が起こると言っても良いのです。

これは表現を変えると「未来に起点を作る」といった意味にもなります。

これは仮定の話ですが、あなたがターゲットとするお客様に“2つの未来”がありました。1つは「あなたの商品を買わない未来」そして、もう1つは「あなたの商品を買う未来」です。

このうち、もし、あなたが「この日までに買ってもらおう!」という期限を、その対象ととなる人物の頭の中にイメージさせないと、2つ見えていた未来のうち「あなたの商品を買う未来」はやって来ない事になり、望まない「あなたの商品を買わない未来」が訪れる事になります。

「期限を切る」というテクニックは大げさでも何でもなく、

「未来を望むものに改変するための手段である!」

こう断言する事が出来るのであり、「そのうち勝手に売れていくさ、、、」とあなたが何もせず、行動を起こさなければ、他人であるお客様が行動する、つまり「商品を買う」といった行動を起こす事は100%無いのです。

これほどまでに「未来をイメージさせる事」は重要であり、期限を切るといった大事な決まり事を守らなければ、あなたに訪れるのは「望まない、欲しくはない未来そのものである」と思いますゥ、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です