「市場の45%以上を独占するなら、あなたは一体何をする?」そりゃ~やっぱりマーケティングしかないんじゃないの!と言わせてもらいます~立場的に、、、

もしあなたが、「自分がビジネスをしている市場の45%以上を独占しろ!」と言われたならば、一体どんなことをすればいいと考えるでしょうか?

その為のヒントを、投資家から集めた資金を1つにまとめるファンドマネージャーと呼ばれる運用の専門家が、その集めたお金で債券や株式などを運用し、運用効果に応じて収益を分配するという金融商品である「ミューチュアル・ファンド」の市場で、世界最大級の投資会社と言われている「バンガード・グループ」の施策を元に紐解いていきたいと思います。

市場の45%以上を独占するなら、やるべき事はやっぱり“マーケティング”になる

この会社はミーチュアル・ファンドで運用される資金の実に“45%以上!”を運用しているため、この業界では最も有名な投資会社といっても、間違いはありません。

これだけの規模の会社となれば、特に知名度アップのための宣伝や、投資家を集めるためのマーケティング活動など必要がないかのように思えるのですが、しかし、そうではないのです。

「市場の45%以上を独占しているなら、顧客のために何かやる必要なんてないんじゃないのか?」

こう考える人も多いかと思いますが、、、

有名で大きな会社だから、マーケティングをやる必要がない!のではなく、マーケティングに力を入れるからこそ大きな会社となり、そしてその地位を保っていけるのだと思います。

債券や株式などの投資の世界では、市場平均と同じような動きをする運用を目指すファンドを「インデックス型」と呼びますが、このタイプのファンドは、「設定したら終わり」といったタイプの投資商品なので、顧客とのコミュニケーションを特に必要とするわけではありません。

そしてバンガード・グループの投資商品はこのタイプの投資商品に特化しているので、それなら尚更のこと顧客とのコミュニケーションなど必要がないのでは?と思えてしまうのですが、でも実際にはその反対であり、バンガード・グループの顧客コミュニケーションは業界でも1、2を争うほど、活発な活動をしていることで有名です。

そして、それがグループを業界で最も成功させた大きな役割を果たしていると言えるでしょう。

バンガード・グループの創設者ジョン・ボーグルの名にちなみ、“ボーグルヘッド”と言われる人たちがいるのですが、彼らは、ボーグル氏の教えに賛同する熱狂的な支持者であり「ボーグルヘッドフォーラム」というコミュニティに情熱を持って参加している“熱烈なファン”と言っていいでしょう。

投資の世界では、投資の専門家であっても十分な運用益を出すファンドに投資するのは難しいと言われています。

そこで、素人であっても比較的に運用益を出しやすいインデックス型ファンドの人気は高いのですが、そのインデックス型ファンドの中でもバンガード・グループは一貫して手数料を最安値としています。

この手数料の安さもバンガード・グループの人気なのですが、創設者のジャック・ボーグルは、

「投資の素人が理解できないような投資戦略ばかりを揃えて、高額な手数料を取るのは馬鹿げたことである」

と金融界のあり方を、歯に衣着せない言い方できっぱりと否定しています。

そして、そんな彼のファンになった人は数千人に上り、そのうちの1人が自主的に「Bogleheads.org」 というメンバーシップサイトを立ち上げました。

その自主的に立ち上がったサイトが今では年1回のミーティングを開き、そのミーティングにジャック・ボーグル本人も出席し、バンガード本社の見学や投資業界から招いた講師による講演を行うなど、非常に活発な動きを見せているのです。

1人のファンの働きかけから自主的に始まったコミュニティではありますが、このコミュニティは素晴らしいケーススタディーであり、あなたが、コンテンツマーケティングを構築するならこのメンバーシップサイトは、とても良い見本になると思います。

顧客を良い意味で洗脳すると、、、あなたの人生は安定する事になる

それに、このメンバーシップサイトが素晴らしいのは、メンバーが求める5つのベネフィットの全てを提供している点であり、それは、あなたが自社でもコンテンツマーケティングを取り入れたメンバーシップサイトを立ち上げる時には、大いに参考になるでしょう。

そこで、メンバーシップサイトに求められる5つのベネフィットを挙げると、、、

1.価値のある情報を提供していること。

2.似た考えの者同士が繋がれること。

3.自らコンテンツを投稿する「貢献」の機会があること。

4.自分は他のメンバーの役に立っていると認められる機会があること。

5.自分より素晴らしい何かに参加すること。

この5つです。

このコミュニティのメンバーに自ら加入する人は、言ってみれば、

「自分から洗脳されにくるようなもの」

であり、しかもその洗脳を喜んで受け入れます。

そして、これは決定的に重要なことであり、コンテンツマーケティングとは見方を変えれば、

「相手を洗脳する」ということになるのです。

バンガードでは、自社と対立する投資オファーからメンバーを隔離しているのですが、これは「群をフェンスで囲うこと」であり、あなたが、自分の群れをフェンスで囲いしっかりと洗脳することができれば、バンガード・グループのように市場の45%を独占することは決して不可能ではなく、あるいはそれ以上の独占を可能にすることも夢ではないと言えるでしょう。

いずれにせよ、あなたのファンになってくれた人が“自らコミュニティを立ち上げてくれる”ような熱狂的な指示者であれば、あなたの経済的な基盤が揺らぐことは無く、すなわちそれは「あなたの人生そのものの安定」を意味する事になるのだと思います。

最後までありがとうございました。

追伸

バンガード・グループのジャック・ボーグルが指示されるようになったのは、彼のビジネス的な信条である「適切な商売を市場に提供する」といった事にあると思います。

世の中には「手数料商売」と括られるビジネスモデルがありますが、私たちの身近にあるその1つが「不動産ビジネス」だと思います。

しかし、不動産の売り買いに関しては“それなりの勉強と知識”が必要であり、マイホームの購入など、多くの人にとって一生に一度の体験であり、やはり何と言っても経験がものを言う世界でもあるのです。

そこで実際の不動産の購入などに際しては「諸々の手数料」といったものが必要になるのですが、その手数料そのものが“果たして適切であるのか?”といった事は業界に精通して者でなければ判断ができません。

ですから、そこで初心者に代わって「これは適切、これは不適切」と具体的な例を示してやるだけで、そこに信頼と権威が生まれるのです。

といった事を自身のビジネスに当てはめてみた時「自分は、どんな信頼を自分のお客様に提供できるか?」と考えてみると、あなたは結構、色んな事が出来るんじゃないとか思うんですけどね~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です