「優秀なビジネスマンは、一を言えば十を知る」仕事の出来る出来ないと実は、、、その人の持っている「情報量の差」でしかない無いのですゥ~

勤続年数がある程度、長くなれば自動的に出世していける終身雇用制の時代は、良いにしろ悪いにしろ安定した時代だったと思います。

しかし、そんな時代がとっくに終わった事は、誰もが感じているでしょう。

現在は、大手企業でもあっても明日は何が起こるから分からない!といった予測不可能な時代です。

終身雇用の頃は極端な事を言えば、あなたの能力がまったく変わらなくとも出世できた時代だったのかもしれません。

このように、ほったらかしでも勝手に変わっていく価値を「変動価値」と呼ぶのですが、この変動価値とは逆に、自分で意図して主体的な行動で価値を高めていくものを「絶対価値」と呼ぶのです。

仕事の出来る出来ないとは、、、その人の持っている「情報量の差」でしかない

あなたが一会社員として営業マンとして自分自身の付加価値を高めていく事が、サラリーマンとして生きていくにもそれ以外の独立の道を選ぶにも必要なことであり、ステータスを上げるのを“自分の力で成す事が求められる時代”になってきたのだと思います。

そして「絶対価値」と「相対価値」この2つの価値を両面から向上させる事が、あなたのステータスを輝かせる事になるでしょう。

その為に、どんな事が必要になるのか?今日は、その必要な事をあなたにお伝えしたいと思います。

あなたが営業マンであるなら、まずは社内でのあなたの価値を上げる方法を知る事が最優先になるでしょう。

あなたは、仕事ができる人と、できない人の違いをどのように考えますか?

生まれついた頭の良さである地頭の良さでしょうか?それとも、話術や交渉術が巧みで、ビジネスに必要な細かなスキルを持っている事になるのでしょうか?

あなたが何を想像したかは分かりませんが実は、これらは仕事のできる、出来ないにあまり関係がないと思います。私の思う最も大きな違いとは、

「持っている情報量の差」

になるのではないかと思います。そして、ここで言う情報量とは、

「どれだけ仕事を知っているか?」

という事です。

ちなみに入社して一ヵ月のとても優秀な新入社員と、入社して一年経った並み以下のあまりパッとしない社員を比べた場合、どちらが、仕事ができるでしょうか?

答えは「一年経ったパッとしない社員」です。

どんなに成績優秀な新入社員でも入社後一ヵ月では、さすがに先輩社員に勝つことはできません。その要因は、頭が良い悪いではなく、先ほど言った「情報量」の差になるからです。

社内業務に必要な情報は、入社後一年経った先輩社員の方にこそ、「一日の長」があるのです。

つまり、、、

単に持っている「情報」が先輩社員の方が上回っているからです。

どんなに優れたスキルを持っていても、どれだけ頭が良かったとしても、仕事に必要な情報が不足していれば質の高い仕事をこなす事はできません。

「人の持っている情報量」こそが仕事のできる、できないのカギを握っている事になるのです。

しかし、この事実は見方を変えると、今はどんなに仕事のできない人間でも、「仕事のできる付加価値の高い人間」に変われる可能性がある事を意味しているのではないかと思います。

それは単純に情報量を増す努力をすれば良いという事であり、同時に誰にでもできる難しい事ではないからです。

自分では、

「はぁ~、周りに比べて、こんなに仕事ができないと、いつか自分はクビかもな~」

と悩む人がいるなら、そんな人は仕事のできない原因を把握できていないからであり、「必要な情報量を増やせば良い」という事が理解できれば、見違えるように変わっていくかもしれません。

たとえ仕事で行き詰っていたとしても「情報」という視点が考えれば、打開策を見つける事は必ず可能だと思います。

ちなみに仕事の早い優秀な人は、問題が起これば、その解決方法という「情報」に素早くアプローチしています。

自分で調べるなり、誰かに聞くなりして情報を集め、問題の解決方法を自分なりに検証し、正確な答えを導きだしていくでしょう。

しかし、その一方で仕事の遅い人は、問題の答えを自分の知識の中で探そうとするのです。その為、自分一人で悩む時間が長くなり、優秀な人が30分で解決するところを、1日どころか一週間かけてしまう場合もあります。

今の時代、ネットで調べるなり本で調べるなりすれば、あっという間に解決する問題もありますし、自分で調べるなり、人に聞くなりして情報を収集する事は可能です。

絶対的な自分の価値を高めるには、オリジナルの情報を日常の中で日々、蓄積し続けていくしかない

仕事のできる人と、できない人を比べていくと、同じ時間を与えても、仕事の成果には大きな差がついてしまい、その状態で10年も経ってしまったら、それぞれの絶対的価値には大きな開きができるでしょう。

先天的な頭の良さも、スキルの有無も「情報量」に基準をおいた自己管理には遠く及ばず、自己管理は自分の意志次第で可能です。

自分の価値を高めるには、、、

自分の業務を理解し、数字で管理できるようにし、オリジナルの情報を日常の中で蓄積し続けていくこと。こうする事で自分自身の付加価値が高まり、相対的にあなたの絶対価値も上がっていくと思います。

これが、あなたがステータスを上げ、社会で生き残っていく為の情報の積み重ねであり、「仕事を知る」という事は、何よりも優先される優秀なビジネスマンの必須の思考になるのです。

 最後までありがとうございました。

追伸

本文の中でも触れましたが、どんなに元が優秀な人であっても、その仕事、その業務に必要な知識がなければ、その才能の欠片も発揮する事ができません。

 しかし、本当に優秀な人は「少ない情報から多くを学ぶ事ができる人」であり“一を言えば十を知る”などの格言は、情報に対する感度の高さを現した格言になると思います。

 だからこそ、自分自身の価値を高めるには「情報に対する感度」を高めつつ、日々、仕事に対する情報を蓄積し続けていく事が大事であり、自分自身の付加価値が高まれば、どのような場所であっても、誰が相手でもひるむ事のない絶対的な自信を身に付けた“素晴らしいビジネスマン”に成長できるであろうと思います!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です