「今、あなたは何をしてますか?」正しいビジネスのフレームワークに沿って、正しい活動をすることが、結果につながる唯一のフレームワークになるんだよね!

ビジネスで集客をする為に「どのようなメディアを使って、集客の為に何をやっていますか?」といった質問をすると、答えとして、、、

「Facebookやってます!」

「ブログやってます!」

「Twitterやってます!」

と言う人は非常に多いのですが、しかし、

「では、自分の行動がビジネス全体の、どのフレームワークになるのか分かって活動している人は?」

といった質問になると途端に数が限られてしまうでしょう。

「いや自分は集客の為にやっているんだ!だから、ビジネスの為といった目的意識がある!」と反論する人もいるとは思いますが、私の言うビジネス全体のフレームとは次の3つになるのです。

・リード(見込み客)

・コンバージョン(成約率)

・LTV(顧客の生涯価値)

これはWeb集客に限らず、ビジネスを行う上で基本となるフレームワークになるのですが、この超基本のフレームワークを知らずに「集客しています!」と言いっても、それでは全体の中の一部分しか見ていないのと同じであって「木を見て森を見ず」といった状態であり、ビジネス全体の中の「集客」という一部しか見てない事になるのです。

「正しいビジネスのフレームワーク」に沿って「正しい活動をすること」が結果を出す唯一の方法

先ほどのフレームワークを簡単に説明すると、、、

「リード」とは、より多くの見込み客を集める為の活動です。そして「コンバージョン」とは、より高い成約率(決定率)で購入が決まるようにする活動です。そして最後の「LTV」とは、一度あなたから買ってくれた顧客がどれくらいの間、自分のお客でいてくれるか?を考える事であり、できるだけ商品をたくさん買ってくれるように仕向ける活動を行う必要があるのです。

このリード、コンバージョン、LTVの流れが最適化されればされるほど「ビジネスはうまく回る」と考える事ができるでしょう。

そして、自分のやっている活動がこのフレームワークの「どこに位置するのか?」を意識しながら活動する事は、ビジネスの成果を左右するとても重要な要素になるのです。

「集客」といえば、、、

Facebookやブログ、TwitterとWeb上に限定されたステレオタイプの答えしか出てこないのでは、あなたはビジネスのフレームを理解しているとは言えません。

なにも上記の3点ばかりが集客の手段になるのではなく、集客にはイベント開催もあれば交流会でお客を見つけるといった方法もありますし、アナログだけどターゲットによってはとても効果的なFAXDMといった手法もあります。

リアルビジネスでは「チラシ」といった超古典の方法もありますが、このチラシが未だに使われているのはそれなりの反応があるからです。以前は「千三つ」(せんみつ)といって1000件、チラシを配って3件の反応と言われていたのが、現在では「万三つ」(まんみつ)10,000件で3件といった具合まで反応が落ちていると言われています。

しかし、やり方次第では「まだまだ、いける!」という人もいますし、チラシに効果的なコピーがあれば、それだけで反応が倍になる事も十分にあるのです。

今ならYouTubeといった動いているモノを見てしまう「人の本能」を利用する方法もありますし、書いたコピーを読み上げ、歩きながらでも手軽に聞いてもらう事のできるポッドキャストのような音声を使った方法もあります。(どっちにしろコピーが分かってないと魅力的なコンテンツには、ならないですけどね、、、)

「Webがなんぼのもんじゃ!」とリアルに徹するなら「クチコミ」といった手段もあるでしょう。(実は、口コミは紹介系集客であるので最強の集客です!)

まあ、いずれにせよ自分の行っている活動が、

「フレームワークのどれに当たるのか?」

そこを意識しながら行うと自然と伝える内容も決まり、投げかけるメッセージも変わります。

それに、同じ記事を投稿するにしても「ただ情報を発信する」と考えるのではなく「これはセールスになるのでコンバージョンを意識した内容にしよう!」と思うのか、「これは関係構築を狙った投稿だから、もっとパーソナリティーを押し出そう」など、自分の活動を、どのレベルで行っているのかを意識するだけで、得られる成果が格段に変わります。

しかし、それらを理解しないまま活動していると、、、

「セールスしてはいけないところで、セールスをする」

「関係を作らないといけないところで、関係を壊すようなことをする」

といったチグハグな事をしてしまいます。

これでは、ビジネス全体を一つの活動として考えた時、上手くは回らないのが当然だと思います。ですから、、、

「自分がどのフレームに沿って活動しているのか?」

あなたがビジネスでの結果を求めるなら、この点を意識してスムーズなビジネスの流れを構築し、より効率的に稼げるビジネスモデルを創り上げる必要があるのです。

「今、自分は何をしているのか?」を考えた事はありますか?

ここまでの内容を理解していただいた前提で、冒頭の質問である、

「集客の為に何をやるのか?」そして、

「どのようなメディアを使いますか?」

「また、どんな内容をメッセージに込めますか?」

といった事をご自分のビジネスに当てはめて考えて頂くと、より具体的で尚且つ効果的なフレームワークが行えるのでは?と思えます。

大雑把に「集客をする」と考えていても、あまりに漠然としていて砂場に水を撒くような、手ごたえの無い事ばかりをやってしまう可能性が高いのですが、ビジネスのどの段階で何を行うのかが自分の頭の中で把握できていれば「何をやればいいのか、さっぱり分からない、、、」と迷うことも、困ることも無くなるでしょう。

そして、そのプロセスごとで適切な事を“根気強く続けていれば”絶対にあなたの欲しい「結果」をその手にできるハズだと思います。

それだけに「今、自分は何をしているのか?」を常に考えながら、自分の取り組むべきビジネスのフレームワークを模索して欲しいと思います。

本日もありがとうございました。

追伸

今日の記事に関連するところでLTVについて書いた記事が、こちらです。

  ↓

『リピート率、顧客単価をアップさせるキーワードは「CRM」と「LTV」』

リピート率、顧客単価をアップさせるキーワードは「CRM」と「LTV」

 

併せて一読してもらえると、より一層、具体的なマーケティングが実践できると思いますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です