「あれ?気が付いたら、このサイトよく見るよな、、、」と訪問者に思わせられれば、しめたもの!! 見込み客が勝手に情報の周囲をうろつき始めたら、ボチボチ売上げになっていくんですゥ。

「コツコツとした価値提供の継続」

これが出来ていれば、大きなアクセスが流入してくるのは、時間の問題であると言えるでしょう。

情報を全公開する事や、適切なブランディングを行う事で、サイトやブログの運営を行えば「アクセスがない!」といった事態には陥らないと思います。

ただし、、、

「ゴミのようなコンテンツ」を大量に作成してもほとんど意味はありません。

有益で価値あるコンテンツを提供する事に腐心する事で、徐々に人気サイトとしての認知を高めていく事ができるのです。

顧客化するためのアプローチの回数に「定石」はない。だからこそ、リピートされる仕組みが必要になる

しかし、アクセスが集まる有益な情報サイトだとしても、それが即、売り上げに変換となる訳ではありません。「アクセスが集まる有益な情報サイト」である事で、何度も見込み客と接触できるのが有益なコンテンツを持つ本当の狙いです。

「見込み客と何度も接触する」

   ↓

「ファン化を促す」

   ↓

「ファンにさせた後、問い合わせをもらう」

といった過程を経るのがネットビジネスの王道であると言えるでしょう。

要は、、、

「何度も訪問者と接触する為に、どうやってアプローチするのか?」

この点を考えるのが“ネットビジネスに限らない集客の要点”だと思います。

しかし、世の中で一般的に目にする広告は「その広告が目に触れた、その時」に見込み客の反応を得る為に、必死の売り込みをかけているようなものだと思います。

けれども、そのような広告では興味をもたれたとしても、次の瞬間、別の何かに興味が奪われれば、あっさりと捨てられてしまうので、その広告の存在自体が頭の中から無くなっているでしょう。

ですから、いわゆる広告と言われるものは「水ものメディア」とも言えるものであり、その場限りの一発勝負に掛けるしかないのです。

その一方で、情報サイトの運営には、やり方次第では広告費を極力抑え、それでいて莫大なアクセスを集める事が可能です。

このようになれば、その場限りの売り込みとは一線を画した集客が出来るようになるでしょう。

「ウェブサイトに何度も訪問してもらう」そして、「認知を深めてもらう」

これが情報サイトによるウェブ集客の概念になると思います。

リアルビジネスとWeb上でのビジネスでは、上記とは少し違った方法で見込み客集めをする必要がありますが、

「認知」→「理解」→「行動」

といった大きな流れに違いなどありません。

媒体や、やり方が違っているだけであり、考え方の根本は全く同じだと言えるのです。

しかし、資金に余裕のない人であればコツコツとした情報提供から「ファン化」を促し、そこから問い合わせを頂くのが最もリスクの少ない手法です。

サイトを見てから問い合わせをしてくれる方は、既に半分は「ファン化」していると言え、そこから具体的な売り上げになる可能性は、僅かではありますが高まった状態だと言えるでしょう。

訪問者は、一度目の訪問では何も考えずに離脱し、2度面の訪問でも、それほど意識せず同じ行動を繰り返すでしょう。

しかし、3度目の訪問ともなるとさすがに、「このサイトは、よく使うな、、、」と意識の片隅に痕跡を残せるようになるのです。

そうして、見込み客に認知をさせれば徐々に自分の思惑通りに行動に、変化させる事が出来るでしょう。

「このサイトは、誰が運営しているのか?」

「どんなサービスや商品があるのか?」

「他にも有益な情報はないかな?」

と見込み客が自ら勝手に、提供する情報の周囲をうろつき始めたら、徐々に問い合わせが増えていくハズです。

けれども訪問客によっては3回のアプローチで顧客化する場合もあれば、何十回と訪問する事で、やがてお客様に変わるケースもあるのです。なので、

「何度アプローチすれば、顧客化するのか?」

この問いに、明確な答えなどありません。

ですから、、、

「継続して、そこに存在すること」が必要であり、何度もアプローチされるような仕組み作りが大切になるのです。

「良質なコンテンツ」の存在こそが、情報提供の生命線となる

その為にも、コンテンツの中身には「一貫した専門性の高い情報」を備えている事が条件であり、1つの専門分野の中で多角的な情報をカバーする必要もあるのです。

例えば、たまに書籍を紹介させて頂く「ダイレクト出版」であれば、終始一貫「ビジネス」が情報提供の主軸であり、その中身は、集客やセールス、経営、マネージメント、成長の為の自己啓発と多岐に渡りますが、これらはビジネスには全て必要な情報であり、この専門分野からズレる事はないのです。

このような情報発信で見込み客にアプローチすれば、

「気が付くと、いつもこのサイトを見ているな、、、」

と、顧客との距離を縮める事ができるでしょう。

これが、ウェブ集客としての在り方であり売上の増加を促す、王道である思います。サイトの運営などは基本的に “待ち”のスタイルになりますが、であれば尚更のこと集客を成功させるのは「良質なコンテンツ」の存在であり、訪問者が何度もアプローチしたくなる有益な情報こそが、コツコツとした情報提供の生命線になるのです。

本日もありがとうございました。

追伸

情報サイトや、「このブログのようなものはマーケティングの種類で言えば“ディフェンシブな情報”というのが「S」の認識です。

その一方でメールマガジンのように情報を、ある一点に向けて届ける事が出来るマーケティングは“オフェンシブな情報”と言えるでしょう。

ですから、この2つの情報を組み合わせて集客するのが最も効率のいい情報発信であり、あなたが既に何らかのビジネスを始めているなら、この2つの情報提供を同時並行で進めていくのが、最も効率のいいマーケティングになると思います。

しかしながら、、、

「2つ同時並行で進めるのは、ちょっと大変だな、、、」

と仰るならば、まずは“ディフェンシブは情報”を蓄積して資産化しておく事をおススメします。もちろん同時に2つを進めるのが理想であり、例えばメルマガで使った記事をブログやサイトにストックしておくと、いわゆるレバレッジ効果が見込めます。

いずれにしも、コツコツと情報を発信しておく事は、長期的なビジネスプランの中では欠かせない戦略になるので、あなたに“やる気がなくとも”できるだけ早く実行し実践する事を、わたくし「S」はライターという立場的にもおススメする次第ですゥ~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です