あのねぇ、商品のパッケージは、品質以上に売上げを大きく左右するんです!だから「見た目による商品の汚染」という消費者の心理には厳重な注意が必要なのね~

消費者が商品のクオリティーを気にするのは当然のことですが、販売者であるあなたの立場ではもしかすると、品質以上に“商品パッケージや陳列”を気にすることが、売り上げに大きく貢献することになるかもしれません。

実はあまり知られていないことですが、透明なパッケージに入った製品は「非常に汚染されやすい」といった事が分かっています。

しかし、汚染されるといっても、、、中身が本当に汚れてしまうのではありません。

汚染されてしまうのは、消費者の意識下での話です。

販売者、商品の提供者は「見た目による商品の汚染」に厳重な注意を払う必要がある!

アメリカのデューク大学で心理学を教えるギャバン・フッツィモンズと、アリゾナ州立大学のマーケティング準教授アンドレア・モラレスの行った実験では奇妙な発見がされました。

透明なパッケージに入っている脂肪分の一切ない、せんべいのような食品が、脂肪の塊であるラードの容器に接触しているのを見た被験者たちは、そのせんべいのような食品が無脂肪であるにもかかわらず、

「脂肪を多く含んでいる」

と感じることが分かりました。

ところが、、、「パッケージが半透明であれば!」推定される脂肪の含有量も減ったのです。

この事実から判明した事は、、、

透明なパッケージの製品は、実際にパッケージの密封が完全であり、汚れることがなかったとしても、潜在意識の中では“汚染されてしまう危険性が非常に高い”と言えるのです。

しかも、この「精神汚染」とも言える現象は、一時的なものなどではなく、恒久的な効果のある恐れがあるのです。

生理用品のパッケージに接触したクッキーがあれば、中身の製品同士が触れたわけではないのに、その状態を見た被験者たちは1時間以上たっても、そのクッキーを食べたがらない傾向にありました。

どうやら人間には、

「汚染された可能性のある食べ物は避けよう!」

と思う本能があり、この生命維持の本能が無意識下で強烈に働いていると推測することができるのです。

消費者の意識下で不快感を抱かせる商品があるとすれば、その商品は、消費者の他の商品に対する意識を汚してしまう可能性があると言えるのです。

その代表的な例をあげれば、、、「ラード」「女性の生理用品」「タバコ」「猫のトイレ砂」など、排泄や汚れ、脂肪などを連想させる商品は、消費者の不快な反応を引き起こす危険があるのです。

意外なことに、マヨネーズやショートニングといった、普段、私たちが食品として当然のように口にする製品であっても、消費者には精神的な不快を感じさせる恐れがあるそうです。

研究では、不快な反応を起こす製品の隣に食品を陳列した場合、被験者たちの意識調査をしたところ、不快反応を無意識的に引き起こす製品の近くにあった食品は、

「美味しそうに感じることができない!」

ということが実験の結果から分かったのです。

そして、商品同士が2、3メートル以上離れていれば、無意識下での精神汚染が起こらないことも判明しました。

買い物客がスーパーの店内でカートを押しながら買い物をする際に、商品はカートの中で当然ながら触れ合うことになるのですが、どうやらその段階では、見た目による精神的な汚染の心配は無いようです。

販売者側が気にしなければいけないのは、買い物客が手に取る前の状態。

つまり、、、

商品の陳列やディスプレイの仕方にあるのです。

商品を選択する際の見た目が、無意識下での汚染に大きく影響すると言えるのです。

このような多くの実験の結果から言えるのは、商品の陳列がカテゴリー別に整然とされている場合は、特に問題は無いけれど、狭いスペースで多種多様な製品を陳列する場合には、販売者側は、

「見た目による商品の汚染」

については“繊細にして厳重なる注意”が必要である!と言えるのです

品質以上に商品のパッケージは、商品の売上げを大きく左右する

以上のような検証結果から、もし、あなたの作っている製品や商品が、流通先の「どのような場所で?」「どのように陳列されるのか?」といったことが分からない、もしくはそれらをコントロールできないのであれば、透明なパッケージは極力避けることをお勧めします。

中身が見やすいパッケージは消費者にとっては、買い物の手助けにはなるのでしょうが、販売する側、商品を提供する側にとっては、それ以上にイメージ汚染のリスクが高いと言えるのです。

あなたが、もしより多くの消費者に自社の製品を手に取ってもらいたいと考えるなら、品質以上に「パッケージの見た目」は重要であり、見た目と同等以上に「商品の見せ方、並べ方」は売上げを左右する“超重大な”要素であると言えるのです。

最後までありがとうございました。

追伸

本日は商品の陳列や見せ方によって“消費者の印象がどう変わるのか?”といった問題についての話でした。

 陳列という事であれば有名なのが雑貨大手の「ドン・キホーテ」の“圧縮陳列”といった手法でしょうか?

 商品を山のように高く積み上げ、店内をわざと見通しの効かないディスプレイにする事で、消費者に「宝さがし」のような感覚を起こさせて、そこから購買意欲を喚起させるといった方法です。

 見た目は、あまり“キレイ”とは言えませんが、実際にこの手法でドン・キホーテは売上げを確保しているのですから、「何らかの意図を持った商品の陳列」は、売上げに大きく影響を与えると言っても差し支えないかと思います。

 ただ、注意しなければならないのは、自分の扱う商品、作っている製品の「仕様やイメージ」であり、この仕様やイメージが清潔である事が大切であると考えられる場合は、おそらく雑然とした陳列は、商品の売上にとって“致命的な影響”を与える可能性が大きいと思います。

 と言った訳でぇ~結論を簡単にまとめると、、、

 「売上げUPに積極的な関心のある販売者は、商品の陳列には細心の注意を払うべし!」

 と、このような見解で本日は締めせて頂きたいと思いますゥ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です